江戸川区の空き家事情と対策(東京都)

東京都内で進む空き家問題、今回取り上げるのは江戸川区です。
江戸川区は区の東端に位置し、千代田区と千葉県の浦安市に面しています。
葛西臨海公園や水族園、自然動物園などもあるほか、国内屈指の観光スポットである東京ディズニーランドも近くにあり、通勤やレジャーの両面で便利な区域です。
そんな江戸川区の空き家事情と空き家対策についてご紹介します。

江戸川区の空き家事情と対策(東京都)

空き家活用|東京都江戸川区の空き家事情

それでは江戸川区の空き家事情を見ていきましょう。
東京都都市整備局「空き家の現状と取組」によれば、江戸川区では2013年(平成25年)の時点で空き家率は10.9%と全国平均13.5%と比較すると低く、東京都平均11.1%とほぼ同等の水準です。
空き家戸数は3.8万戸と比較的多く、古くからの居住区域としてしられる大田区や世田谷区、練馬区、足立区などと同様に多くなっています。
「住宅・土地統計調査(平成25年)」によると、江戸川区では住宅の総数が34.6万戸あり、そのうち使用されている住宅が30.8万戸、空き家が3.8万戸となっています。
3.8万戸の空き家のうち、早急な空き家対策が必要な「腐朽・破損あり」の老朽空き家が850戸、腐朽・破損なしの空き家は9100戸あります。

空き家活用|東京都江戸川区の空家等対策計画の策定について

江戸川区では、2014年(平成26年)11月に公布された、空き家対策の推進に関する特別措置法に基づき、空き家問題に対処するための「江戸川区空き家対策計画」を策定し、以下のような取り組みを行っています。

・空家の活用促進
コンディションが良好な空家について、所有者と活用先とのマッチングを図るなど、公共用途への活用を支援する。

・老朽空家等への対策
老朽・危険の進行度に応じた対応を行う。

進行度は以下の3つに分けられ、それぞれの進行度に応じた行政対応を行っています。

<未然~軽度>→老朽化が進まないよう、普及啓発

<軽度~中程度>→所有者に対して、適正な管理を促す

<重度>→※「特定空家等」の基準にあてはめ、適切な措置をする
※特定空家等の該当要件は以下の通りです
① 保安上危険
② 衛生上有害
③ 景観上影響
④ 放置不適切

江戸川区では、空き家の活用促進において、対象となる空き家の調査・把握を行い、利用希望者のニーズなどを物件所有者や不動産会社に伝えるなどの活動を行っています。
また、活用について申し出のあった物件と、活用先(区または活用団体)との間を、不動産業界の協力を得ながら、区が取り持つことで両者のマッチングを図るといったことも行われています。

空き家活用|東京都江戸川区の解体・建替え助成制度

江戸川区では空き家の除去費用の助成制度があります。
東京都では「木密不燃化10年プロジェクト」と題し、不燃化特区制度を設け、老朽木造建築物の取り壊しや耐火性のある建築物への建替えの際に費用の一部の助成を行っています。
江戸川区の場合、
(1)南小岩七・八丁目周辺地区
(2)松島三丁目地区
(3)平井二丁目付近地区
(4)南小岩南部・東松本付近地区
以上の4地区が指定されており、助成金の対象となっています。

助成金の内容は、
「解体」の場合、建築物と付属工作物の取壊し費用及び整地費として、取壊す建築物の床面積1平方メートルあたり21,000円を上限とする金額が助成されます。
「建て替え」の場合、建築物と付属工作物の取壊し費用及び整地費として、解体と同様の金額が助成されます。建物を新築する場合は区の定める基準額に基づいた金額が助成されます。

まとめ

ここまで江戸川区の空き家事情と対策について見てきました。江戸川区の取り組みはわかりやすく、明確なので、空き家でお悩みの方はぜひ一度ご相談されると良いかと思われます。

関連知恵袋

相談する

電話で相談する

受付時間|平日9:00~18:00

FAXでのご相談

相談フォームを送る

  • 1入力
  • 2確認
  • 3完了
郵便番号
確認する