渋谷区の空き家事情と対策(東京都)

東京都内で進む空き家問題、今回取り上げるのは渋谷区です。
都内3大ターミナルの一つ、渋谷駅を抱え、いわゆるブランド区の一つとして知られる渋谷区。古くからの住宅も多い一方で、高級住宅街も存在しています。そんな渋谷区の空き家事情と対策についてご紹介します。

渋谷区の空き家事情と対策(東京都)

東京都渋谷区の空き家事情

それでは渋谷区の空き家事情を見ていきましょう。
東京都都市整備局「空き家の現状と取組」によれば、渋谷区では2013年(平成25年)の時点で空き家率は12.1%と全国平均13.5%と比較すると低いものの、東京都平均11.1%と比べるとやや高いことがわかります。空き家戸数は1.7万戸と、隣接する世田谷区(5.3万戸)や新宿区(2.9万戸)と比較しても少なくなっています。
今後、高齢化の進展とともに住宅の改修は必要不可欠となる中で、持ち家を離れ、郊外のマンションへの引越を行う世帯の増加などによる、老朽化住宅の空き家化が懸念されています。

東京都渋谷区の空き家助成制度

渋谷区では、空き家そのものの助成制度はありません。むしろ先ほど述べたように、老朽化しつつある住宅に安心して住み続けるための住宅の改修工事に対して助成を行い、サポートしています。助成制度名は「住宅簡易改修工事費助成」です。
この住宅簡易改修工事費助成は、渋谷区が協定を結んだ区内施工業者(渋谷区協定業者)による住宅の簡易改修工事を行う際に、工事費の一部を助成するというものです。
申請者は渋谷区内に住民登録をしている個人、対象住宅の所有者、所有者の配偶者、所有者の親または所有者の子、対象住宅に居住しているという3つの条件を満たす必要があります。
改修工事の内容は以下の通りです。

1.土台または基礎の改修工事
2.屋根・外壁等の改修および模様替えを行う外装工事
3.天井・壁・床等の改修および模様替えを行う内装工事
4.外階段・ベランダ等の改修および模様替えを行う外構工事
5.手すり・造り付け家具等の修繕および設置を行う工事
6.窓・扉等の建具の改修および取替えを行う工事
7.台所、浴室、便所等の設備器具等の取替えを行う工事
8.門または塀、土間またはたたき等の改修および模様替えを行う外回り工事

助成金額は、消費税を除く工事費用の20%で限度額は10万円です。それほど額が多いわけではないため、建物全体の改修工事には利用できない点が難点かもしれませんね。

渋谷区安全・安心でやさしいまちづくり条例

渋谷区では、安全・安心でやさしいまちづくり条例を施行しています。
安全・安心でやさしいまちづくり条例の第1条では、以下のようにこの条例の目的が明文化されています。
「この条例は、安全・安心でやさしいまちづくりに関し必要な事項を定め、区民の自主的な活動を支援するとともに、これらの活動環境を整備することにより、青少年がたくましく、高齢者、障害者等が自由に、すべての人が平穏に暮らせるまちの実現を図ることを目的とする。」
本条例では、安全なまちづくりに関する施策として、空き家に関する項目があります。具体的には空き家からの出火を防ぐ目的で、空き家の所有者等の責務、情報の提供、実態調査、勧告等が行われると言うものです。

まとめ

渋谷区の空き家事情と行政の対策について見てきました。
渋谷区ではほかの区と比較して空き家数はそれほど多くないものの、老朽化住宅が多くその対策を怠った場合、空き家が増加していくものと思われます。そうなれば空き家対策について何らかの対策を行政側が打たざるを得ないでしょうから、渋谷区の今後の動きに注目していきたいですね。

関連キーワード:

相談する

電話で相談する

受付時間|平日9:00~18:00

FAXでのご相談

相談フォームを送る

  • 1入力
  • 2確認
  • 3完了
郵便番号
確認する