相続した空き家に住宅ローンが残っていたら?

実家の家を相続する場合、注意しなければならなのが住宅ローンの残高です。住宅ローンが未払の場合、少額なら肩代わりして支払うという選択肢もありますが、残っている額が多い場合は住宅を売却してローンの支払いに充てたり、相続しても誰も住む予定がなく空き家となる場合は相続を放棄したりといった手段をとる必要もでてきます。ここで問題となるのは空き家を相続放棄した場合です。実は空き家の相続放棄にはある問題点があるのですが…
こちらでは、空き家の相続放棄について、その種類や方法も合わせて説明していきたいと思います。

相続した空き家に住宅ローンが残っていたら?

空き家の相続放棄

空き家を相続放棄すれば、ローンも支払わずに済むし、売却や処分の手間もなく、また解体するのに費用も発生せず、固定資産税も支払わなくて済む、そう考える方も多いのではないでしょうか。だれも使わない実家は資産ではなく、ただの負債になる、だから相続放棄して楽になりたい…。ところが、これには一つ問題があります。

実は、空き家を相続放棄しても、空き家の管理義務は残るのです。

これは民法第940条に「相続放棄をした者は、その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、自己の財産におけるのと同一の注意をもって、その財産の管理を継続しなければならない。」と規定されています。
平たく言うと、相続財産管理人の選任申立などの手段を取らない限り、相続放棄した人がその管理をしなければなりませんよ、ということを意味しています。
相続放棄はOK、でも管理はちゃんとしてね。というわけで、草や木が生えたままにするわけにもいかず、崩れそうな状態にするわけにもいかないのです。もし家が崩れ、近隣の家を破壊したり、人がケガをしたりしてしまった場合、その賠償を免れることはできません。

また相続放棄をした場合、空き家だけでなく他の財産も相続を放棄することになります。それでは困る、という場合は別の相続方法を選ばなければなりません。

空き家の相続|単純承認と限定承認

相続には相続放棄のほか、単純承認と限定承認という2つの相続方法があります。

●単純承認
単純承認とは、被相続人に関する財産を全て相続する形です。空き家も、ローンなどのマイナスの財産も、預金残高などプラスの財産もすべて相続することになります。

●限定承認
限定承認とは相続財産よりもマイナスの財産が多い場合、相続財産の範囲内で負債の返済に充てることを条件とした相続方法です。つまり相続財産以上の負債を支払う必要がなく、不足分は免除されます。もし空き家のローンが残っていて、それを売却してもローンの残高がある場合、その不足分は免除ということになります。

空き家の相続放棄|限定承認の注意点

限定承認で相続をすれば借金を可能な限り返済できるので、被相続人が生前お世話になって人に対する不義理は最小限に抑えられるでしょう。ただ限定承認を行う際はいくつか注意点があります。
1.相続人全員の同意が必要
2.3か月以内に裁判所へ申述し、受理された時点で清算手続きを行う(精算手続きとは、プラスの財産をお金に変えて支払に充てる手続きのこと)
3.所得税が課税される可能性がある(みなし譲渡所得課税)

限定承認は一見便利な相続のやり方に思えますが、このように手続きの内容を見ると、かなりハードルが高いことがわかります。限定承認する場合は、被相続人の死後早めに手続きの準備を始めないと申述の期限を過ぎてしまいますので注意が必要です。

まとめ

相続した空き家に住宅ローンが残っている場合、相続放棄、単純承認、限定承認等の方法があり、まずそれぞれの方法を理解することが大事です。相続の手続きは、短期間で準備を進めなくてはならない場合もあるため、専門家の意見を聞きながら進めていくのがよいでしょう。

関連キーワード:

関連知恵袋

相談する

電話で相談する

受付時間|平日9:00~18:00

FAXでのご相談

相談フォームを送る

  • 1入力
  • 2確認
  • 3完了
郵便番号
確認する