空き家に保険加入は必要?火災保険と地震保険で万一に備える

空き家にも火災保険や地震保険などへの加入が推奨されていることを知っていますか?その理由は空き家の場合、適切に管理をしていても、火災や地震、盗難に対するリスクが居住者のいる住宅と比較して高いと言われている為です。
特に空き家の所有者が空き家から離れた場所に住んでいて頻繁に訪れることが難しい場合は、早期に異常を知ることが難しくどうしても対処が遅れてしまいます。時には近所や自治体から連絡があって異常を知ることもあるでしょう。
自身が所有する空き家への直接被害だけではなく、近隣に被害を与える可能性を考えると、やはり何らかの保険には加入した方がよいと考えられます。
今回は空き家管理のポイントとなる保険加入について解説したいと思います。

空き家は火災保険・地震保険の加入がオススメな理由

予期できない地震や風害などの天災や火災などの損害に備えるために、所有する住宅の火災保険、地震保険、家財保険などに多くの方が加入されているのではないでしょうか。では実際に住んではいない空き家については保険に加入した方がいいのでしょうか?
保険加入の理由はさまざまですが、空き家所有者がまず加入したい火災保険と地震保険について、その理由と内容についてくわしく述べたいと思います。

1、 火災保険
出火原因で最も多いのは、放火の疑いを含む放火だということを知っていますか?
総務省消防庁のデータによると、総合的にはタバコの不始末やコンロからの出火などの失火も多いですが、放火の疑いを含めると最多原因としては放火です。人の気配がしない空き家は放火の恰好なターゲットにされやすい傾向にあります。
落雷や漏電・老朽化などの自然発火などによる火災においても、空き家は発見が遅れることが多く隣家を巻き込む大火災になる可能性が高いといわれています。

また、火元が空き家の場合、その所有者は重過失を問われる可能性があります。
空き家が出火元になって隣近所に延焼した場合、管理状況など所有者の重過失が問われ、空き家の所有者に賠償責任が発生することも考えられるのです。このような予期せぬ損害に備えるために、火災保険への加入が推奨されています。

2、地震保険
地震保険は地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没または流失による損害を補償する地震災害専用の保険です。ここ数年、日本各地で地震やそれにともなう津波により、甚大な被害が起きています。みなさんの記憶にも新しいのではないでしょうか。
火災保険では、地震を原因とする火災による損害や、地震により延焼・ 拡大した損害は補償されません。地震保険は火災保険とセットで加入する保険で、加入する火災保険に、地震保険を付帯するかどうか選択するのみといわれています。
地震保険の保険料は、地域によってリスクが異なるため、地域格差が数倍あるのも特徴です。

空き家の保険加入時の障壁

しかし、空き家は自由に保険加入できるわけではないことに注意が必要です。火災保険は建物の用途によって保険料が変わります。人が住んでいれば住宅として火災保険に加入できますが、人が住んでいない空き家は一般的に住宅とはみなされないようです。保険会社によっては店舗や事務所と同じ「一般物件」として火災保険の契約を結ぶことができるようですが、住宅に比べて保険料が割高になる可能性があります。
家財が残っていて、一時的にでも住宅として使われれば、住宅として扱われることもあるようですので、詳しくは各保険会社に確認してみましょう。

予期せぬ火災や地震などの大きな被害に備えるために、居住している住宅と同様、空き家も火災保険と地震保険に加入することを検討してみることがオススメです。

関連キーワード:

関連知恵袋

相談する

電話で相談する

受付時間|平日9:00~18:00

FAXでのご相談

相談フォームを送る

  • 1入力
  • 2確認
  • 3完了
郵便番号
確認する