空き家のリフォーム|知っておきたいメリットとデメリット

空き家を活用するために、自分たちが空き家へ移り住んだり、賃貸に出すことを検討している方も多いのではないでしょうか。相続する空き家は古い家屋の場合が多く、空き家のリフォームが必要不可欠な場合がほとんどといえます。空き家のリフォーム工事が補助金の対象になる自治体もありますのでぜひ情報を確認して申請しましょう。

空き家のリフォーム|メリットを知る

自分たちが空き家へ移り住むことを検討している場合、空き家をリフォームして活用することの一番のメリットは、新築の家を建てるよりも費用を抑えることが出来るということでしょう。移り住む自分たち家族のライフスタイルに合わせた住環境づくりが出来る上に、条件によって異なるとはいえ、土地を購入して家を新築するよりは費用を安く済ませることができる場合がほとんどといえます。
費用面以外にも、移り住む空き家が実家から相続したものである場合、思い出の家を残すことができるのもメリットの一つといえます。

一方、空き家をリフォームして賃貸に出すことを検討している人もいるでしょう。空き家を賃貸に出したい場合は、よほど築年数が浅い物件で無い限り、リフォームは必須である場合がほとんどです。賃貸物件でリフォーム済みであれば家賃を高く設定できることもあります。
また、空き家をリフォームすると自治体によっては申請すれば工事費用が補助金の対象となるところもあり、条件を満たせば税金が減額となります。同じく税金の面では、空き家を建て替えるよりもリフォームのほうが固定資産税の上昇を抑えられると言われています。
さらに、リフォーム工事で家屋の寿命も延びると言われており、リフォーム済みの物件のほうが管理の手間もかからず、長い目で見た場合、管理費が少なくなる可能性があります。

空き家のリフォーム|デメリットを知る

空き家をリフォームする上で唯一にして最大のデメリットは、やはり費用が少なからずかかるという点です。また、工事期間中は住むことが出来ない為、自分たちが移り住む場合は住居を確保する必要があります。
賃貸に出す場合は工事期間中は投資回収ができないことを念頭に置く必要があります。さらに、賃貸に出して必ずしも借り手が現れる保証はない為、投資回収が遅れる(もしくはできない)というケースも事前に想定した上で空き家のリフォームを検討することが大切です。
さらに、マンションの空き家をリフォームする際は特に注意が必要です。管理組合によっては、リフォームの許可が下りないケースもあるようです。また実際に許可がおりて工事に取り掛かる際には隣近所、上下階の住人の方へのあいさつも忘れずに行うようにしましょう。

空き家のリフォーム|補助金の適用有無を確認する

空き家のリフォーム工事は補助金や減税措置の対象となることがあります。補助金の有無は自治体で決められているため、お住まいの市町村によっては空き家のリフォーム工事を行っても補助金が適応されないこともあります。自分の住んでいる自治体が空き家のリフォーム工事に対して補助金を出しているか、またどういった工事が対象なのか、どのように申請するのかという情報をしっかり確認してからリフォーム工事の内容を検討することがおすすめです。

減税措置(いわゆるリフォーム減税)は、耐震工事やバリアフリー工事、省エネ改修工事を行った際に所得税や固定資産税が減税の対象となる制度のことをいいます。リフォーム減税には、投資型減税、ローン型減税、住宅ローン型減税の3つの種類があり、条件を満たせば併用も可能です。所得税については税務署、固定資産税については各自治体の税金担当窓口が申請書の提出先となり、固定資産税については各自治体によって提出書類が異なることもあるようです。申請に必要な情報を確認して利用できる制度を活用しましょう。

関連知恵袋

相談する

電話で相談する

受付時間|平日9:00~18:00

FAXでのご相談

相談フォームを送る

  • 1入力
  • 2確認
  • 3完了
郵便番号
確認する