空き家を有効活用する方法や支援サービス

2015年(平成27年)5月26日に一部が留保されていた空き家対策特別措置法が完全施行されました。これにともなって、危険があると判断される空き家の解体勧告や強制解体が可能となりました。管理が行き届かない空き家の問題がニュースなどで取り上げられ、そのリスクが取りざたされています。
もっとも、空き家とはいえそれは立派な財産でもあります。せっかくの土地や建物ですから出来る事なら有効活用したいものですよね。今回は、空き家を有効活用するための方法や支援サービスなどをご紹介します。

空き家の活用方法

・空き家を人に貸して家賃収入を得る
空き家の活用方法として、もっともシンプルな方法が賃貸です。利便性の良い場所でなくても、昨今の田舎ブームの影響で田舎の一軒家などは需要がある場合もあります。古い物件でも、リノベーションすれば素敵な古民家として新たな魅力を引き出せるかもしれません。

・中古物件として売り出す
賃貸の契約などの手続きが面倒という場合や、賃貸物件としての維持管理も難しいという場合には中古物件として売り出すという方法があります。維持管理費用を解消すると同時に売買で収入を得ることができますので、手を着けないまま放置するより有益です。

・リノベーションして別荘として活用する
どうしても売却できない思い入れのある物件もあるかと思います。そういう場合には、リノベーションして別荘として活用するという方法もあります。空き家を所有し続ける場合一切使用せずとも維持管理費用がかかってしまいますので、多少の追加費用がかかるとしても別荘として利用するのは有益といえるのではないでしょうか。空き家を有効活用して、優雅な休日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

・地域のコミュニティー活動やボランティア団体に貸し出す
収入にはつながりませんが、地域のコミュニティー活動やボランティア団体に貸し出せば維持管理をする費用などを軽減することができるかもしれません。
人が使ってくれることで、家は傷みにくくなるといいますし、防犯上の問題もクリアできます。借り手が見つからない物件の場合でも、無料であれば使ってくれる人が見つかる可能性は高いでしょう。

・更地にするという方法も
空き家物件の建物の老朽化がひどい場合には、更地にして売り出したり駐車場として貸し出したりという方法もあります。
老朽化した物件を放置すると危険ですし、強制的に解体される場合もありますのでそうなる前に更地にしておくという選択肢も考慮に入れてみてください。

空き家に対する支援サービス

自治体などが運用する、様々な空き家支援制度として”空き家バンク”があります。空き家バンクとは、空き家の情報を地方自治体のホームページなどに掲載し情報発信する制度のことです。田舎への移住などのニーズが高まったこともあって、注目されている制度です。中には、空き家を活用する場合の補修資金や撤去費用などに補助金を出している自治体もあります。
また、民間企業でも空き家活用のコンシェルジュサービスを提供しているところもあります。

空き家活用について不動産会社や自治体に相談する

空き家の有効活用といわれても、なかなかどうしたらよいのか解らないのが普通です。自治体の担当窓口や空き家の活用目的に合った各種業者に相談してみるのがよいでしょう。
空き家をそのまま放置しておくと、もったいないだけでなく破損などで人的被害が出ることも考えられますし、防犯上も景観上もよくありません。空き家は正しく活用すれば、立派な収入源になったり誰かの役に立つことが出来る財産です。不動産業者や自治体などと相談し、空き家を上手く活用していきましょう。

関連知恵袋

相談する

電話で相談する

受付時間|平日9:00~18:00

FAXでのご相談

相談フォームを送る

  • 1入力
  • 2確認
  • 3完了
郵便番号
確認する